ブックとノートとメモと?

読んだ本とか観た映画とか、パソコンとかスマホとか、行ったトコとか

【珈琲店さんぽ~②~】珈琲だけの店 カフェ・ド・ランブル

珈琲店さんぽ、今回は「珈琲だけの店 カフェ・ド・ランブル」を紹介したいと思います。


珈琲だけの店 カフェ・ド・ランブル
f:id:mr_koji_kun:20170731175017j:plain


カフェ・ド・ランブルは1948年から銀座で営業している老舗のコーヒー店で、マニアの間では聖地とされるほど有名なお店です。



ホームページより引用

オールドコーヒーを語ろう

貯蔵(エージング)のところでも書いているが、今いちどオールドコーヒーについて書いてみようと思う。
ランブルに来たことのある方には分かると思うが、メニューに★の付いているストレートコーヒーがある。これらがオールドコーヒーで、10年以上寝かせた豆である。一方、★のないコーヒーはニュークロップなのかと言うとそうではない。9年寝かせたコーヒーでも★は付けないだけなのである。


カフェ・ド・ランブルはエージングコーヒーで有名なお店です。10年以上貯蔵(エージング)したコーヒー生豆を独自の方法で焙煎しているとのことです。


私はコスタリカ'04のオールドコーヒーをシングルで注文しました。


しばし待って出てきたのがこちら。
f:id:mr_koji_kun:20170803074411j:plain


さて、ここから感想を書こうかと思っているのですが、実はカフェ・ド・ランブルは私には合いませんでした。あまり良くない印象で、その理由を書いていこうかと思います。"聖地"に対して恐縮ではありますが。カフェ・ド・ランブルの悪い点を読みたくないかたは、ここから先はスルーでお願いします。

悪い点


・温度が温い

コーヒーの風味が飛ばないように低めの温度で抽出していることと、シングルで分量が少ないこと、カップが薄くて保温効果が無いことが原因と思われます。


・全席喫煙

カフェ・ド・ランブルのホームページにはコーヒーの味についての事柄が沢山書き連ねてあります。そこまで味にこだわるのに今時全席喫煙とは・・


・常連客がガヤガヤとうるさい

私としてはコーヒー好きの聖地ということで、静かな空間で上品な味を楽しむようなイメージを持っていたのですが、裏切られました。従業員と常連客がガヤガヤと喋っていて、まるで飲み屋のような空間でした。


・外国からの団体客に対する応対が酷い


私が入店してから数分後に10人くらいの外国人旅行者の団体客が来ました。子ども連れの旅行で銀座に遊びに来たのだと思います。


応対した従業員が英語で「席がない」というと団体客は席が空くまで待つと言いました。


従業員はさらに「コーヒーしかない」というと団体客はそれでも構わないと言いました。


従業員がさらに「喫煙席しかない」というとそこで団体客はあきらめて帰って行きました。


従業員は店内に戻って来ると、団体客を馬鹿にしたように常連客とお喋りをしてました。


「っていうか、そういう店じゃねーし」


私は気分を害したので、温いコーヒーを飲み干し支払いを済ませて店を出ました。


うーん、がっかりです。


オススメ出来る店ではありませんでした。


おしまい。