読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックとノートとメモと?

読んだ本とか観た映画とか、パソコンとかスマホとか、行ったトコとか

テキストオンリーの書評ブログ

 
現在の当ブログはウォーミングアップ段階。
じゃあアップじゃなくて本番はいつなの?と言えば審査に合格して、画像やリンクを貼らない自主規制から解放されたときかと思ってます。
 
さてこちらのタイトルは「ブックとノートとメモと?」です。
このブックというのが、本のことを書きますよ~書評ですよ~と表してるつもりのタイトルなわけです。
 
で、まずはトライ!と思い書いてみたわけですが、うーん地味。
なにしろ地味。
 
画像を一つも貼ってないから本のイメージが全然湧いてこない。
誰が見るんだろう?と思いますね。我ながら。
 
他の書評ブログを見てみるとだいたい二通りのパターンに別れるように感じました。。
 
一つはネット書店のリンクを貼って、広告と本の紹介を関連づけているタイプ。
 
二つめは本を自前?でスキャンして、その画像を掲載しているタイプ。

 

これ、鋭いひとはもっと早く気づいたと思うんだけど、どちらも審査に馴染まない方法なんですよね(-。-;) (、なんの審査か合格後に追記します)
 
一つめはGoogle以外のリンクをバンバン貼ることになるわけで、見方によってはGoogleの印象が悪くなりそうな感じですね。
 
二つめは審査攻略ブログなんかを読んでみると、画像の著作権とかに結構シビアに対応するようなことが書かれています。頑張って書評かいてスキャン画像もバンバン貼って、アクセス数が上がって軌道に乗ったところでアカウント停止!みたいな。
 
要は、書評ってもしかして審査に馴染まない?という考えに行き着いてしまったわけです。
うーん(-。-;)
 
このブログは別に書評オンリーというわけではないので、ブック以外にも"ノート"や"メモ"や"?"にあたるコンテンツも書きますが、まだアップ段階のうちになんとかしたい命題ですね。
 
例えば、その日に読んだ本をイメージしたイラストを描いて書評と一緒に掲載する、とか。
 
こういうブログ、私の家族が運営していたことがあるんです。
 
私の家族は私と違って絵描きの能力が備わっているので、なかなかのアクセス数を稼ぐブログだったようです。
 
コメントを書いてくれる常連さんとかもいて、期待に応えようと一生懸命でしたが、やはり絵を描くというのは時間も体力もいるものだなー、と横で見ていて思いました。
 
絵描きの能力を持つ人でも大変なのに、能力を持たない私がそんなことしたら恐ろしいことになりますよ!
 
例えるなら、超人の戦いに人間なのに参戦したジェロニモとか、念能力を持たずに天空闘技場に参戦したゴンとか、ママチャリでロードバイクとレースする坂道とか。
 
なんとか書評っぽい例え話で締めの方向に持っていきたいけど、まだまだ力不足だなーと書いてて思います。
 
審査や広告と書評に親和性を持たせる解決方法については後日の宿題ということで。
 
今日はそんな感じ。