ブックとノートとメモと?

読んだ本とか観た映画とか、パソコンとかスマホとか、行ったトコとか

ブックとノートとメモと?

アメックスゴールド祭の備忘録【参】Yahoo!Japan

【弐】からの続き。

Yahoo!プレミアムは「Yahoo!Japan」の名目でポイントが付与されますが、「Yahoo!プレミアムは5アカウントまで」というのが定説となっています。

で、その定説違うんじゃないかな~というのが私の意見なわけで、その違いについてのメモ。

Yahoo!プレミアムを契約するためには、それ以前にYahoo!ウォレットに支払い方法を登録する必要があります。
登録するのは、銀行口座であったりクレカだったり。

Yahoo!ウォレットにアメックスゴールドを登録してYahoo!プレミアムの契約をすると「Yahoo!Japan」からアメックスに支払い請求が来ます。
「Yahoo!Japan」との加盟店契約は今回のキャンペーン対象であるためポイント付与となる、という流れかと思います。

私の考えでは、Yahoo!プレミアムの契約が5アカウント制限なのではなく、Yahoo!ウォレットに同一クレカを登録出来るのは、5つのYahooIDまでなのではないかと推測しています。

たいていの人は新規にYahooID取得→Yahoo!プレミアム登録→その過程でYahoo!ウォレットにクレカ登録、という順で登録すると思います。

この作業の6回めでYahoo!プレミアムの登録不可のなったため、Yahoo!プレミアムは5つという定説が生まれたのではないでしょうか?

したがって、YahooIDを4つ持っている人がいて4つのYahoo!ウォレットにアメックスゴールドを登録している場合、例え4つのIDへの支払い請求がゼロ円だとしても、新規にYahoo!プレミアムに登録出来るのはあと1つ、ということになります。

ざっくり言うと、Yahoo!プレミアムではなくYahoo!ウォレットが5つまで、という考え方です。

そう考えるとYahoo!プレミアムの月額にかかるコストが気になります。
月額480円のYahoo!プレミアムよりも低コストでYahoo!ウォレット経由で「Yahoo!Japan」として請求を発生させられないものでしょうか?

最初に思い付くのはYahoo!ブックで100円未満の電子書籍を購入することです。
Yahoo!プレミアムよりも低コストで解約を忘れる心配もありません。

Yahoo!プレミアムの請求のタイミングは結構トリッキーなので、解約忘れで余計な課金しちゃう人が続出しそうな気がしますが、みなさん大丈夫でしょうか?

Yahoo!プレ(というかYahoo!ウォレ)は月末付けで請求があがります。
ただし請求の日付は月末ですが、実際に請求が信販会社にあがるのは月を跨いでからです。
キャンペーン最終月の請求があがるのを確認してからYahoo!プレミアムの契約を外しても、既に翌月に入っているため1ヶ月分余計に課金されるパターンが予想されます。

そもそもこういう心配をする案件をたくさん抱えると、確実にハゲます(^^;)
なので私としてはキャンペーン1ヶ月目はYahoo!プレミアムでいきますが、月途中で解除して翌月はYahoo!ブックにチャレンジします。

Yahoo!ブックなら買い切りで解約のタイミングとか関係ないのでハゲません(^_^)v

ただしYahoo!ブックでのポイント付与報告は現時点で見当たらないため、その点だけは賭になります。

賭に勝つか負けるか、結果は後日追記しようと思います。

【四】へ続く。