読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックとノートとメモと?

読んだ本とか観た映画とか、パソコンとかスマホとか、行ったトコとか

いちど弁護士に相談してみたいあなたへ

アメックスゴールドカードによるキャンペーン強制終了から7日が経過しました。


じわじわとポイントの付かない請求があがってきて、精神的に胃が痛くなるような日々が続きますよね(T_T)


ふと思ったのが、アメックスの強制終了って法律的にアリなの?という素朴な疑問です。


一時的なキャンペーンによるものとはいえ、ボーナスポイント付与はアメックスと入会者との約束事です。


約束事を反故にすることが、アメックスには可能なのか?法律の専門家に聞いてみたいですよね。


そこで無料で弁護士に相談出来る、無料法律相談の窓口について調べてみました。


f:id:mr_koji_kun:20160916145131j:plain



●東京都の場合●


私は都内在住なので、まず23区で調べてみました。


東京23区では各区ごとに区民相談室を設けていて、予約をすれば弁護士に相談することも出来るようです。


例えば、世田谷区区民相談室についてはこちら


東京23区内の無料法律相談の一覧があると便利なのですが、検索にかかるのは古いリストばかりでした。


そこで東京在住の人は、「区民相談室 無料 法律 相談 弁護士」のキーワードでGoogle検索すると、いろんな自治体の相談窓口がヒットします。


このリンクをクリックするとGoogle検索が開きます(キーワード入力済み)


●埼玉県の場合●


埼玉県では県民相談総合センターに相談窓口があります。

行政・法律などの相談は - 埼玉県


こちらは埼玉県庁にある県民相談総合センターでの法律相談になりますが、埼玉県の各地方庁舎への出張相談も行っているようです。



●神奈川県の場合●


神奈川県では 県民の声・相談室(弁護士相談)の窓口で法律相談が受けられます。


各地域の県民センター、合同庁舎にも相談窓口があるようなので、神奈川県のかたはご自分の地域に窓口があるか確認することをオススメいたします。



●大阪市の場合●


大阪市では各区役所での無料法律相談を行っています。


お近くのかたは確認してみて下さい。


http://spwww.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000004823.html



また大阪市では、ナイター相談日曜法律相談というのも実施しています。実開催される頻度は多くはありませんが・・


平日昼間は忙しくてムリ!というかたはこちらをご覧下さい。


大阪市、ナイター相談

http://spwww.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000006906.html


大阪市、日曜法律相談

http://spwww.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000051074.html


●そもそも弁護士の相談っていくらなの?●


ネットで検索すると、弁護士へ法律相談は30分5000円(税別)というのが沢山出てきます。


なんとなく私もそう思ってました。


ところが、弁護士報酬というのは自由化されているんですね。


弁護士ナビによると、法律相談は1時間5000円から1万円が「相場」であるとなっています。




自由化後も従来からの弁護士会で定められた報酬基準を、引き続き使っている法律事務所も多いようです。


これは、弁護士会の法律相談を受任する場合には弁護士会の報酬基準を使うことなっているため、だそうです。


法律事務所に相談する場合には、弁護士報酬の見積もりをもらい、複数の事務所を比較検討したほうが良さそうです(急ぎの刑事事件は別です)


また、債務整理に関する法律相談は無料としている法律事務所も多いようです。



●千葉県弁護士会●


千葉県弁護士会の法律相談センターは30分2000円で法律相談を受け付けています。


役所の無料相談との違いは、相談だけではなく調停や訴訟といった法的手段を実際に依頼出来るという点ですね。



●札幌弁護士会●


札幌弁護士会の法律相談センターは無料で法律相談を受け付けています。


弁護士は高い」というイメージがあるなかで、弁護士会の定める、法律相談の報酬が無料というのは驚きです。


札幌の人は積極的に利用すべきと思います。


札幌弁護士会 法律相談センター:札幌弁護士会


●まとめ●


こうして見ると一口に「弁護士に相談」といっても、色々なアプローチがありますよね。


単純に「弁護士 無料 相談」などと検索すると法律事務所がたくさんヒットしてよく分からなくなってきます。


弁護士に相談したい皆さんの参考になれば幸いです。


【2016.9.16 記事作成】