ブックとノートとメモと?

読んだ本とか観た映画とか、パソコンとかスマホとか、行ったトコとか

[個人型確定拠出年金シリーズ]SBI証券も楽天証券も手数料無料になりました。

以前の個人型確定拠出年金シリーズでSBI証券や楽天証券の手数料について比較を行いましたが、最終的には両社ともに手数料無料で決着しました。


2017年1月にiDeCoの対象者が大幅に拡大され、60才未満の年金加入者であればほぼ誰でも加入出来るようになりました。


参考リンク
[個人型確定拠出年金シリーズ]未成年の人へ。じつはiDeCoは15歳から加入できるんです! - ブックとノートとメモと?





新規の顧客獲得のために条件付きで手数料無料のキャンペーンを打ち出していましたが、競争の結果、無条件で手数料無料ということになり顧客側としては喜ばしいかたちで落ち着きました。


参考リンク
[個人型確定拠出年金シリーズ]コストを重視すると楽天証券が最有力? - ブックとノートとメモと?


楽天証券やSBI証券の口座管理手数料は無料になりましたが、それ以外に国民年金基金連合会に103円と信託銀行に65円が徴収されます。合計で167円がiDeCoの最低限のコストとなります。この167円は毎月積み立てる拠出金から引かれるかたちで徴収されます。


参考リンク
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
f:id:mr_koji_kun:20170529175114j:plain


手数料 | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券
f:id:mr_koji_kun:20170529180818j:plain